Base

COI東北拠点について

さりげないセンシングと日常人間ドックで実現する理想自己と
家族の絆が描くモチベーション向上社会創生拠点

  • 1自分で健康状態を予測・管理でき、
    将来の不安を感じること無く
    暮らす
  • 2頭・心・体の能力が低下しても、
    社会に参画でき生涯現役
    暮らす
  • 3家族を超えて、多世代が
    「つながり」「交流し」「支援し合って」
    暮らせる

人生100年時代。
年齢を重ねても、生きがいを持って毎日を健康快活に過ごす。
そんな誰しもが持つ願いは、必ずしも希望通りにいくものではありません。
しかし、その希望を少しでも実現に近づけるために、COI東北拠点では、いつでも、どこにいても自分や家族の生活や健康状態がわかり、家族を超えて多世代間で応援支援が得られるさりげないセンシングによる「日常人間ドック」の開発を行います。
この「日常人間ドック」は、「はかる」(測る、計る、量る)、「わかる」(解る、分かる、判る)、「おくる」(送る[自助]、贈る[共助])という3つの要素で構成され、各種のセンシング技術で健康とその要因を収集。
体質の情報とともに、クラウド上にビッグデータPHRとして一元管理し、その理解・共有を図りながら、さまざまな活用を目指す取り組みです。

Vision

目指すべき将来の姿

2030年暮らしのビジョン

2030年暮らしのビジョン

Society

COI東北拠点が描く10年後の社会像

はかる-わかる-おくる

社会実装を想定する主なアプリケーション・サービス

  • 環境要因、生活習慣のさりげないセンシングを実現する革新的なセンシングデバイス群
    魔法の鏡センサ、パッチセンサ、飲込みセンサ、眼の健康センサ、口腔内細菌センサ、生体バランスセンサ
  • ゲノム情報による体質、疾患リスク、薬剤応答性を迅速かつ安価に評価できる
    ゲノムアレイ
  • 生活習慣、環境要因、ゲノム情報が一元管理される革新的PHRプラットフォーム
  • ヘルスケアビッグデータ解析に基づく将来の健康状態の提供サービス
    医師や健康コンシェルジュからの生活アドバイス、予防支援サービス
  • 各種センサデータを統合し、AI解析とオープンAPIによるサービス連携で多種多様なビジネスを創出

はかる-わかる-おくる

SDGsへの取り組みについて

SDGsへの取り組みについて

日常人間ドックプロジェクトは、SDGsの3つのKPIを目指し活動しています。
3.d すべての国々の世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理の能力
9.1 質が高く信頼できる持続可能かつレジリエントな地域・越境インフラを開発し人間の福祉を支援
11.3 2030年までに、すべての国々の持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する

Structure

Executive division

「あたたかい社会」の実現を目指して

「あたたかい社会」の実現を目指して

「あたたかい社会」の実現を目指して

Access

所在地

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
レジリエント社会構築イノベーションセンター

アクセス方法

地下鉄東西線青葉山駅 南口より徒歩1分

TEL

022-752-2186022-752-2186

FAX

022-752-2189

MAIL

Core organization

  • NECソリューションイノベータ(株)
  • 国立大学法人東北大学
  • 株式会社 東芝
  • 日本光電工業株式会社
  • オムロン ヘルスケア株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社シーエーシー
  • 三井物産株式会社
  • 株式会社東急スポーツオアシス
  • 生活協同組合連合会 コープ東北サンネット事業連合
  • カシオ計算機株式会社
  • アルプス電気株式会社
  • エレコム株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 株式会社電通
  • 菱電商事株式会社
  • 株式会社JTB
  • あなぶきハウジングサービス
  • 株式会社フーチャーセッションズ

Satellite organization

  • 東北学院大学
  • 学校法人早稲田大学
  • 文部科学省
  • 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)
  • 国立研究開発法人 科学技術振興機構
  • 東北大学研究推進・支援機構
URAセンター
  • レジリエント社会構築イノベーションセンター

GO TOP